南砺ロータリークラブの組織

ご挨拶


2018-2019年度 会長 岩木貴之

―今年度のクラブ運営方針―  
テーマ “繋げよう次代へ、広げようロータリーの輪”
 
 昨年度は創立50年という大きな節目を迎え、そしてその記念事業をすべて 滞りなく終えたのも、メンバー諸兄の頑張りの賜であり、そしてこの歴史を 築いていただいた諸先輩方にも合わせて深く感謝いたします。
 今年度のRI会長や地区ガバナーの活動方針を基盤とし、地域社会や国際 社会で必要とされているニーズに応える活動を、元気よく、明るく、前向き に行っているクラブをメンバー全員で作りあげ、それが少しでも次代へと 繋がってくれればと思います。
 また、ロータリー活動をもっと広く社会へ知ってもらう必要があると感じ ています。一人でも多くの人が関心を持つことにより、一人でも多くの理解 が深まり、そして一人でも多くの輪が広まり、ロータリー活動にさらに厚みが 増すと思っています。ひいては会員増強にも繋がると確信しております。
 今まさに次の50年、そして100年に向けての第一歩を踏み出したところで ありますが、クラブの未来像を思い描き、次代へバトンが繋がるよう皆さんと ともに1年間活動を楽しんでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいた します。

ご挨拶

2019-2020年度 会長 川合声一

ー今年度のクラブ運営方針ー

テーマ¨地域との絆を深めロータリーの輪を広げよう¨

 

今期のRI会長テーマ「ロータリーは世界をつなぐ」はなじみやすいテーマです。
ロータリーの活動の原点には「つながり=絆」があります。
今年度は3つのつながり=絆を大切していきます。

1、 地域社会とのつながり
・ロータリーとの出会いで職業上の機会が生まれ、それらの機会の広がりが地域社会を良くしていく
・社会奉仕活動プログラムを通して、地域社会の皆さんとのつながりを広げる

2、 ロータリーファミリーとのつながり
・ローターアクト、インターアクト、学友はもとより、会員の家族や友人、仕事上の知人までもロータリーファミリーである
・各種プログラムにこれらロータリーファミリーに参加してもらう

3、 ご縁のある他地区ロータリーとのつながり
・富士見クラブの周年行事はこぞって参加する、家族にも声をかける
・ゆかりのある福島相馬地方のクラブとの交流のきっかけを作る

以上のつながりの広がりが新たな会員へのつながりを生み出す

2019年7月5日 | カテゴリー : クラブ組織 | 投稿者 : nanto-rc